音楽スタジオの防音工事マニュアル

音質は防音工事の質で決まる!

スタジオ経営者が語る防音工事のすべて

当サイトでは、スタジオの「防音工事」に関する様々な情報を紹介しています。
主に紹介している内容は、実績豊富なお勧めの防音工事会社5社、施工の流れ、失敗しない施工業者の選び方です。

スタジオ開設には、一般的な4ルーム構成で、最低でも3,000万以上の資金が必要です。
その中でも、防音工事の費用は500万以上と資金の大きな割合を占めます。
しかも、遮音性能や音の響き(特に低音域)、隣接空間への配慮など、スタジオのあらゆる部分に関わる「要」の部分でもあります。慎重に検討されることをお勧めします。


<スタジオ施工実績が豊富な防音工事会社の一覧>

日本防音株式会社
関東を中心に豊富な施工実績があり、デザイン性が高い。楽器・機材なども取扱っている。
日本防音株式会社
日本板硝子環境アメニティ
この業界の老舗。施工費用は若干高めだが、質の高い施工が評判。
日本板硝子環境アメニティ株式会社
アコースティックエンジニアリング
ピアノ室などのクラシック系施工が主流。最近はスタジオ施工も多数手がけている。
アコースティックエンジニアリング
高橋建設
スタジオだけでなく、集合住宅や音楽ホールなど、幅広い防音工事を展開している会社。
高橋建設

おすすめのスタジオ防音工事会社ランキングはこちら≫


<当サイト作成者プロフィール>

当サイトの作成者です ・元ドラマー(34歳)
・ジョー・ミーク、オーティス・レディング、ルーファス・トーマス、ブーツィー・コリンズがfavorite
・友人と共同出資で、2009年8月に横浜でリハ+レコスタをオープン。(現在マネジメント奮闘中)
・スタジオを建てる時は、知人からの紹介で、物件探し→設計→内装工事→機材納品→ワイヤリング工事までを一貫して請け負ってくれる業者にお願いしました。
コントロールルーム 「当スタジオができるまで」
・2009年5月上旬
躯体コンクリート、防水・サッシ工事開始
・2009年6月上旬
スタジオ内装工事開始
・2009年7月下旬
録音設備・ワイアリング工事開始
・2009年8月中旬
スタジオ完成

 
音楽スタジオの防音工事マニュアル