音質は防音工事の質で決まる!

HOME » 防音工事に関する基礎知識 » 防音に必要な要素とは

防音に必要な要素とは

様々な音の性質を理解しましょう近年、自宅にもプライベートスタジオが欲しいという方が増えており、経費削減のために専門家に相談せず、独自で作ってしまうケースが増えています。
こうしたものは、やはりどこかに粗悪品や不備があり、結果として音が漏れ、近所とのトラブルに…、といったことがかなり多いようです。

そこで、ここでは防音には欠かせない知識である「遮音、吸音、防振、制振」について解説していきます。
また、「空気音と固体音」の2つの音の種類、吸音と遮音の違いも紹介していきます。

遮音・吸音・防振・制振について

防音には、音の発生源や性質などを考えてそれぞれの対策を練ることが必要。
そして、音には複雑な要因があり、遮音だけではなく、防振も考えなければなりません。
以下では、各防音の要素を説明します。

遮音・・・音を反射させ、音の通り抜けを遮ることを指します。用いられる例は、ピアノ、ステレオの音などを外に漏らさず、外の音を内部に入れないなどがあります。
よく使用される防音の材料は、遮音シート・石膏ボードなどが挙げられます。

吸音・・・遮音とは逆の考え方で、音を通り抜けさせ、音を反射させないようにすることを指します。ホールなど空間の広い場所によく起きる音の反響を押さえたい時に用います。よく使用される防音の材料は、グラスウール・スポンジ素材などです。

防振・・・振動を周囲に伝わらなくすることを指します。例えば、階下に足音などの生活音を伝えない、ステレオなどから出る低音振動を抑えたいなどに用いられます。
よく使用される防音の材料は、防振材・ゴムマットなどです。

制振・・・振動する素材の振動を短時間にとどめ、振動面から発生する音を防ぐことを指します。冷蔵庫などの家電に見られる板振動や共振、フロ-リングの発音を抑える際に用いられます。よく使用される防音の材料は、ゴムシ-ト・制振シ-トなどです。

遮音と吸音の違いについては、なかなか区別がつきにくいものだと思います。確かにプロセス的には同様なものなのですが、使用する素材や音の処理方法が違いますし、特に吸音の場合は、音の響きをコントロールする非常に重要な作業であり、綿密なバランスの計算が必要と言えます。

音の集類は大きく分けて二種類

音は振動により伝わるもの。その伝わり方には大きく分けて二通りあり、1つは空気音、そしてもう1つは個体音です。

空気音は、空気振動により伝わる音のこと。
例えば、人の話し声、ピアノなどの楽器、車のエンジンなどがそれにあたります。

もう一方の個体音とは、住宅を形作っている構造体全てを伝わってくるのが個体音です。
床に物を落とした音、ドアの開閉音、お風呂の排水音などや、道路を走る車の振動などもこれにあたります。

 
音楽スタジオの防音工事マニュアル