音質は防音工事の質で決まる!

HOME » スタジオのタイプごとに違う防音工事 » リハーサルスタジオ

リハーサルスタジオ

遮音・防振と室内音響を設計する

リハーサルスタジオを作る際に重要なことは、周辺の隣接環境(特に住宅)に迷惑をかけないように防音をしっかりと施し、快適な演奏空間を作ることです。

最近では、費用を抑えるために専門業者に設計を依頼せず、自分たちで作ってしまい、その結果、音漏れして近隣の施設とトラブルになったということがよくあるようです。
改修工事を後から行っても、既にオープンしていれば工事の期間スタジオは使用できませんし、十分な対策ができないなどの損害が考えられます。
余計に費用がかさむだけなので、最初から専門業者に依頼し、きちんと遮音・防振、室内音響を施した設計をしてもらいましょう。

近隣との騒音トラブルが絶えないスタジオの事例としては、防音はしっかりとしているが、防振がなされていないというのが実際多い様です。

求められるリハーサルスタジオの条件

アンプを通さないで大きな音が出る楽器(管楽器、ピアノなど)は、練習場所に困ります。
また、中・大規模編成のオーケストラやバンド編成でも、練習場所が確保できません。
このようなことからも、楽器ごとの快適な演奏空間と中・大規模編成でも快適に練習ができるスペースがあるリハーサルスタジオが求められています。

最近では、部屋数が4以上(1部屋6畳~)、コントロールルームが1部屋、レコーディングルームが1部屋が主流で、防音工事に関する費用相場は500万~となっています。

また、もう1つの主流として、スタジオの内装に関わる「デザイン性」も重要です。
実際、「60年代や70年代の英国や米国の有名スタジオのような内装(レトロスペクティブ)で」、「モノトーン調で」「ウッディーな雰囲気」という依頼主側からの様々な提案も、防音工事会社に多数寄せられるそうです。

 
音楽スタジオの防音工事マニュアル